FC2ブログ
三輪山にて☆自分の道を歩くペース♪

三輪山にて☆自分の道を歩くペース♪

登山をしています!と言えるほどの、キャリアはなく少し登山経験はありますと言える程度往復2、3時間以内の低山と決めていて山を登るのが好きというより、元々は水が好きなので山にある池が目的でしたそれから、花畑ね♪低山とはいえ、いつも激しくしんどくて私は登山は向いてないのかと思ったり。三輪山は467mで子どもの遠足程度なのですがわりと勾配がきついと聞いていて三輪山に初めて登拝した時はいつもの何倍もゆっくり...

三輪山とご神水♪

三輪山とご神水♪

七瀬の修学旅行紀後半です♪2年ぶりの三輪山に登拝しました三輪山とは、奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)のご神体なのです初回・・「奈良・三輪山♪」以前、登拝したとき、心身がとても気がかりな人がいまして・・何故かこちらのお水を飲んでもらいたいと思ったのですというのも、こちらには薬井戸(くすりいど)から汲む、薬水という神水がありましてそれがどれほど力があるかなんて知りませんがどうしても飲んでもらいたかった...

卑弥呼の墓と箸墓古墳

卑弥呼の墓と箸墓古墳

奈良の山辺の道を歩き、目的の場所へやってきました「箸墓古墳・ハシハカコフン」です正式には倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみ→言えない(°_°)のお墓として宮内庁に指定されているそうですが実はこれが、卑弥呼の墓ではないかと言われ続けているのです奈良には、古墳はすごく多くて、卑弥呼のお墓とされるところも他にあると思いますがなんとなく、こちら、ちょっと惹かれたのです前世で、卑弥呼って、でてきますし、...

奈良・山辺の道

奈良・山辺の道

七瀬の修学旅行紀、奈良に戻ります♪奈良の「大神神社」から「山辺の道・やまのべのみち」に続く経路があります山辺の道とは、古代、三輪山麓の麓から、奈良へと続く道があり日本書紀にもその名が残っているのが、山辺の道で「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残っていて、数多くの史跡に出会える古代ロマンの道なのだそうです私はさほど歴史には興味はないのですがここまで来たからには、行ってみたいところがありまして・・JR...

桜とお素麺の三輪♪

桜とお素麺の三輪♪

]三輪山の登拝から無事、降りてきてさあ、三輪そうめん食べるぞ!と思いながら帰路へ・・・すると「大美和の社展望台・おおみわのやしろてんぼうだい」桜、見ごろという看板が・・・なんでも、大神神社の境内地の枝垂れ桜の名所のようで・・せっかくだし行ってみるかと立ち寄ってみると・・多分ここ、、、穴場ってやつですよ・・人もごった返すほどの多さでもなくとにかくすごかった!!その枝垂れ桜のすばらしさは予想以上でした(...